空き家(古家)の有効活用 事例 その1

 

世田谷区・台東区を中心とした東京23区内とさいたま市で

“空き家管理・対策~リフォーム”を営んでおります。

“グラウンドプロ土建株式会社”でございます。


■有効活用事例(東京都23区 空き家(古家) 有効利用)

 空き家(古家)の有効利用って、具体的にどんなものがあるか事例を踏まえて考えてみましょう…

 街を歩いていると、おそらく空き家(古家)だったろうと思われる建物(民家、店舗問わず)を有効利用して営業しているお店を見つけます。

 注意してみていると結構多いもんで、 様々な営業形態のお店があります。

 

 今回は、一番オーソドックスな有効利用で、

 カフェを紹介したいと思います。


☆浦和のカフェ

 明治24年に建てられた納屋を古民家カフェとして、利用されております。

 詳しくはお店のホームページをご覧いただければと思いますが、

 1階がカフェで、2階がギャラリーになっていて、

 そのたたずまいは、正に、古民家を活かしたカフェになっております。


☆池上のカフェ

 東京は、大田区の池上本門寺(ちなに我が家のお墓があります。)の近くにある古民家カフェです。

 昭和初期に建てられたらしく、以前は、1階がお蕎麦屋さんで、2階は旅籠や結婚式の二次会としても利用されていたとのことです。

 しかし、そのお蕎麦屋さんも惜しまれつつ閉店となってしまい、

 何とか、この建物を活かした利用方法がないか、試行錯誤されたそうです。

 その結果、多くの人の協力によって、今のカフェをオープンすることができたそうです。


 今回、ご紹介したカフェは、どちらも再建に多くの人が携わり、携わった人たちが、長年使われていた古民家を愛してくれていたために、お洒落で粋な「古民家カフェ」として再スタートをきることがでたんだと思います。

 

 これからも、少し違った角度から古民家(空き家)を見つめて、その建物の思いと地域活性化にあった、有効活用方法を探していきたいと思います。

 


こんな些細な作業でも、何かお困りのことがありましたら、何でも対応させていただきます。


規模を問わない対応を心を込めてお手伝いさせていただきます。

暮らしや住宅のことでお困りのことがありましたら、

“グラウンドプロ土建株式会社” へお気軽にご相談ください。


対象エリアは、世田谷区・台東区を中心とした東京都23区内、

さいたま市、その他関東近郊です。

お問い合わせお待ちしております。


グラウンドプロ土建株式会社(担当:岡野)

TEL:03-5849-4224 FAX:03-4333-7549

e-mail:info@ground-pro.jp

(本社)東京都台東区浅草橋5-2-3鈴和ビル2階

(世田谷オフィス)東京都世田谷区梅丘2-30-22ハイアット102

会社HP:https://ground-pro.jp